羽山台分団/組立式救助ボート訓練

令和2年7月豪雨を踏まえ、迅速な人命救助活動、消防団員の

安全確保。浸水により孤立した住宅等において、取り残された人を

安全な場所へ誘導し助けることを目的として12艇の組み立て式

救助用ボートが消防団に配備された。

ボートは3名で10分程度で組み立てが可能、定員は3名となっており

障害物等にも強く、耐久性のある材質となっている。

災害に備え団員全員が使いこなせるよう教育を行っていく。